行ってきました!ここがおすすめ、海外旅行レビュー

子連旅行の機内

機内

 

シンガポール旅行に行く際に、一番心配なのが機内でどう過ごすかです。

シンガポールまでは、片道7時間から8時間かかります。

そして帰りのほうが若干飛行時間が短いようです。

 

深夜便を利用すれば、寝ている間にシンガポールに着いてしまうので

楽かもしれませんが、私が利用したのは、昼すぎに出発して夜に着く便でした。

 

自分で選んだわけではなく、申し込んだシンガポール旅行ツアーの出発時間が、

たまたまその時間だったのです。

 

子供を連れてのシンガポール旅行は、子供を飽きさせないための工夫が

必要かもしれません。

子供にいくら寝ろと言っても、日中のお昼寝の習慣がない子供にとっては、

飛行機でもなかなか寝てくれません。

 

我が家では、シンガポール旅行の機内で子供を飽きさせないための

工夫をしました。

小学生の子供なので、幼児のように騒ぐ心配はありませんが、

「暇~」と何度も言われるのがわかっていたので、

ポータブルのDVDレコーダーを機内に持ち込んで、

事前に借りておいたDVDを見せました。

 

他にも、マンガや本なども持参しなくては、子供はすぐに飽きてしまうと思います。

シンガポール旅行は、飛行時間が子供にとっては長いのが心配ですが、

事前に準備することで、子供にとっても楽しい機内での時間になるはずです。

 

 


One thought on “子連旅行の機内

  1. Pingback: ベトナム旅行の機内 | 行ってきました!ここがおすすめ、海外旅行レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA